先輩看護師メッセージ

ホーム > 先輩看護師メッセージ > 1年目を振り返って

1年目を振り返って

奥山 美由紀

出身校
山形厚生看護専門学校


数ある病院から山形徳洲会病院を選んだ理由を教えて!

 奨学金制度があること、住まいと近いこと、を挙げました。奨学金があることで経済的に安心して勉学に取り組むことが出来ました。また、住まいと職場が近い事で3交代でも、通勤の負担や身体への負担が少ないと感じます。

勤務している病棟の雰囲気は?

 障害者病棟という特殊な病棟なので最初はとまどいも多かったのですが、様々な障害をもった患者さまと個別的な方法でコミュニケ―ションを取りながら皆で頑張っている病棟です。

実際に働いてみてのギャップは感じますか?

 たとえ新人でも白衣を着ていれば「看護師」であるため患者さまから求められることが多く、その訴えにうまく応えられないときにギャップを感じてしまいます。

山形徳洲会病院の特徴であるリフレッシュ研修とローテーション研修はいかがでしたか?

 リフレッシュ研修は1年目と2年目の合同メンバーで海外へ行くことで、普段なかなか話せないことや聞けないことなどについて話せる良い機会でした。食事や時間を共有したことで、より信頼関係が築けたと感じています。また、ローテーション研修によって、4階病棟では経験できない技術や看護について見学できたことは新たな学びとなりました。

看護師として間もなく1年が経とうとしてますが’やりがい’を感じる時は?

 患者さまやそのご家族から「ありがとう」の言葉をいただいた時に何とも言えないやりがいを感じます。

働いていて辛かったことは?またどのようにして乗り越えましたか??

 話しやすい先輩やプリセプターに悩みや辛かった経験を聞いてもらっています。また、同期と話し合う事で勇気ややる気が湧いてきます。

看護師を目指す学生さんにアドバイスを!!

 全てにおいての学習が必要になってきますが、積極的にコミュニケーションをとれるよう訓練していくべきだと私は思います。働いてみると、患者さまだけではなく病棟内スタッフ、異業種、他部署などの様々な人たちとの連携が非常に重要であると実感しています。チームの一員として働く上でコミュニケーション力が大事になってくると思うので、学生のうちから友達や先生方だけでなく、実習先の方、外部講師の先生などと積極的に関わっていくと良いのかと思います。

最後にヤマトクのイチオシポイントを教えて下さい!!

 ALSの疾患を持った患者様が県内外から集まっています。人工呼吸器がこれほど稼働している病棟はそうないと思います。また、スポーツ外来が有名で、夕診時は部活帰りの学生たちでいっぱいです。大沼先生はモンテディオのチームドクターなので、もしかしたら選手に逢えるかもしれません!






このページのトップへ

先輩看護師メッセージ

ご応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。