先輩看護師メッセージ

ホーム > 先輩看護師メッセージ > 1年目を振り返って

1年目を振り返って

松木 愛佳

出身校
仙台青葉短期大学


看護師をめざしたきっかけは?

 高校時代に授業の一環として高齢者施設にいきボランティア活動をした経験があった。その時から病気や体の不自由な人たちの手助けをし たいと感じるようになり看護師を目指すようになった。

数ある病院から山形徳洲会病院を選んだ理由を教えて!

 看護学生時代より、たくさんの病院で実習をやらせていただいていたが、なかなか自分自身がやりたいと思った領域が見つからなかった。 就職説明会に参加し、山形徳洲会病院を知り実際にインターンシップにも参加した。3階北病棟では、混合病棟であり、様々な年齢層の患者が おり急性期から終末期まで学ぶことができることを知り、自分自身の興味のある領域を見つけるためにも山形徳洲会病院を選んだ。

勤務している病棟の雰囲気は?

 わからないことがあれば先輩看護師は一つ一つ丁寧に指導し、病棟の雰囲気もとても良く誰にでもわからないことをすることができる環境 が整っている。

山形徳洲会病院の特徴であるリフレッシュ研修とローテーション研修はいかがでしたか?

 リフレッシュ研修では、2年目の先輩が中心となり知らない土地でみんなで協力しあいながら旅行を楽しむことができた。11月より深夜 勤務が始まるようになるため、先輩に深夜勤務が始まる前に何を学習しておくと良いかや、大人数の受け持ちをどのようにラウンドしているの かをリフレッシュ研修で聞くことができたので良かった。
 ローテーション研修では、3階病棟で学ぶことのできない技術を実際に体験することができ、他部署ではどのような看護を行っているのか を知ることができてよかった。

看護師として間もなく1年が経とうとしてますが’やりがい’を感じる時は?

 毎日話しかける中で患者と信頼関係を築くことができ、患者に頼りにされるようになった時は嬉しかった。患者さんから名前を覚えてもらっただけでも距離を縮めることができたと感じて嬉しくなります。そして、担当していた患者が元気になって退 院する姿を見る時は、充実感や達成感を感じた。

働いていて辛かったことは?またどのようにして乗り越えましたか??

 初めて、自分の受け持ちの患者が亡くなってしまったとき。初めての体験であり、自分の看護が間違っていたのかと思うととても辛かった。

看護師を目指す学生さんにアドバイスを!!

 患者の状態を把握するためにも、アセスメント能力が必要になってくる。解剖生理学をある程度理解しておくとアセスメントしやすいと感 じます。

最後にヤマトクのイチオシポイントを教えて下さい!!

 病棟の雰囲気も良く、様々なとこを学ぶできる環境であるところ。




このページのトップへ

先輩看護師メッセージ

ご応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。