先輩看護師メッセージ

ホーム > 先輩看護師メッセージ > 1年目を振り返って

1年目を振り返って

石井 遥

出身校
仙台徳洲看護専門学校


看護師をめざしたきっかけは?

 私は人にかかわり、社会に貢献できる仕事に就きたいと考えていました。東日本大震災の際、医療従事 者の方々の多岐にわたっての活動に感銘を受けました。心のケアを含め、人に寄り添う姿は私の理想だと思い、人に元気と勇気を与え、社会に貢献できる看護師を目指しました。

数ある病院から山形徳洲会病院を選んだ理由を教えて!

 仙台市にある徳洲会グループ系列の専門学校に通っており、卒業後は地元山形に戻って地域に貢献したいと思っていました。また、病院見学に来た際、病院全体の雰囲気が良く、働きやすそうな環境だと思い選びました。

勤務している病棟の雰囲気は?

 高齢の患者様からスポーツ外傷による若年の患者様が入退院されており、日々活気にあふれている病棟 だと思います。まだまだ先輩方に指導を頂きながら、日々勤務していますが、病棟のスタッフみなさん優しく、そして的確に指導して 下さり働きやすい病棟です。

実際に働いてみてのギャップは感じますか?

 特にありませんでした。病棟それぞれの特色があり、病院全体が地域に根差した看護、医療を提供するべく連携されていると思い ました。

山形徳洲会病院の特徴であるリフレッシュ研修とローテーション研修はいかがでしたか?

 リフレッシュ研修では、他病院ではなかなかみられない海外に行くことが出来ます。2年目の先輩が研修 プランを考えて下さり、研修中のグループワークでは日々の悩みや、思いを話し合い、情報共有や悩み解決の糸口となりました。
 ローテーション研修では、自分の所属部署では経験できない技術や、それぞれの部署の雰囲気、特徴を 知ることができます。現場を見ることでの発見や、病棟との連携を知ることができ、とても学び多い研修です。

看護師として間もなく1年が経とうとしてますが’やりがい’を感じる時は?

 患者さんに名前を覚えてもらい、「あなたの笑顔で元気もらえた。ありがとう。」と患者様に言ってい ただいた時はとても嬉しかったです。患者様とのかかわり一つで良好な関係を築けるか否かに繋がるため、日々のコミュニケーション や態度に注意し、仕事に取り組んでいます。

働いていて辛かったことは?またどのようにして乗り越えましたか??

 同期の友人に相談したり、話を聞いてもらっています。同じ職種であれば共有できる悩みや辛かったこ とがあり話をすることで解決策が見つかったり、気持ちが楽になっています。また、プリセプターの先輩をはじめ、病棟の先輩に相談 し指導をいただき問題解決しています。

看護師を目指す学生さんにアドバイスを!!

 解剖生理、病態、フィジカルアセスメントは現場で重要になってきます。患者の異常に気付くには、バ イタルサインの異常に即時に気づき対応すること、また解剖生理、病態を捉えることは患者さんの全体像を捉えるうえで大事だと思います。国家試験では、座学での学びのほかに、実習での臨床的な知識も状況設定問題として出題されるので、それぞれの分野の実習の振り返りを行うことも大事だと思います。

最後にヤマトクのイチオシポイントを教えて下さい!!

 山形徳洲会病院は、地域に根差した医療を提供しており、病院全体の雰囲気も温かいと思います。新人研修も充実しており、日々学ぶこともたくさんありますが、病棟全体でサポートしてくれるので安心して仕事に通うことができています。






このページのトップへ

先輩看護師メッセージ

ご応募はコチラ

資料請求

ブログ

javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。